工事が行われる工程についてご説明します

工事の工程について

女の人

工事における基本的な工程

外壁や屋根の工事を行う時には、基本的な工程があります。基本的な工程を理解していることで、トラブルが無いかを自分自身で確認することもできるでしょう。工程をきちんと説明してくれるオンテックスなどを利用することもおすすめです。

足場を組むことから

外壁や屋根の工事では高所での作業を行うこととなります。したがって、まずは足場を組むことが必要となります。足場を組み、工事が確実で安全に行われるような環境をつくることから始まるのです。工事を行う部分以外に影響を与えないために、足場の外には保護シートをかけます。シートをかけたら、実際の作業に取り掛かっていきます。

汚れを落とすことから

工事を行う前に、まずは汚れを落とす作業から始めます。汚れが付いた状態のまま施工を始めると、せっかくの効果が薄れてしまうこともあるからです。水圧を利用して汚れを落としていくために、周囲への影響も最小限とすることができるでしょう。

下地を塗る作業が基本

どんな加工を行う時も、まずは下地を塗っていくことがら始まります。工程が少ない場合は、施工における効果や強度が弱くなってしまうのです。下地を塗り、調整を行うまでが下準備となります。下地が終わってから主材が使用されることとなります。主材も2回程度に塗り重ねるのが基本となります。

施工終了後

施工が終了し、塗料等が乾いたら状態の確認が行われます。チェックが完了すると足場が解体され、保護シートなどの撤去、掃除や片付けが行われることとなります。そこで初めて全体の外観を見る事ができるため、足場が撤去された直後に自分の目で確認することも大切でしょう。

広告募集中